革のクリーニング

革製品のお手入れしていますか?

保湿クリームや靴クリームで補色など、市販されているクリーム等でお手入れしている方。(ほとんどの方は何もしていないのかもしれません...。)

しかしお手入れだけでは元に戻らない品物もあります。色あせる・汚れがひどい・角が削れてくるなど様々あるかと思います。自分では綺麗にならないと思ったら是非一度出してみてください。

革の色を戻すには専門知識・専門技術が必要

​革の風合い・元の色と同じ色を作る・発色を作るなど知識や技術がないと再現性が低く、思い通りになりません。吉川クリーニングでは革に関する知識や技術を元にお客様の満足のいくサービスを提供致します。

革の染色にはリスクがある

革の染色は通常のクリーニングよりもリスクを伴うことをご理解下さい。

例えば革がシミになってしまうのは革が染み込みやすい素材だからです。染み込まない素材ならば表面を拭いて取れます。このことから革に染色を施す場合は革に塗料を染み込まないようにしないと革が硬くなってしまいます。革が硬くなるデメリットは必ずあり、お客様のご理解も必要となってきます。

注意事項

  • 元の色に完全に戻すことはできません

  • 革が硬くなる可能性があります。

  • ​光沢などの風合いも変わる可能性があります。

  • ​エナメルの素材は現在取り扱っておりません。

注意事項をご了解の上ご注文下さい。

ビフォーアフター

Before.jpg

料金

  • ¥6,000~

  • ​色が二色以上の品物は + ¥1,000

  • ​現在設備等の関係上革財布限定とさせていただいております。ご了承ください。